債務整理のメリット、デメリットを理解すること

雪だるま式に膨らんだ借金

わたしは先日、人生をやり直すために、これまでの雪だるま式に膨らんでしまった借金を自己破産という債務整理によってすべて清算しました。
返済可能だと思って借りたのですが、失業したのをきっかけに返済計画が狂い出し、借金のために借金を繰り返すという最悪の事態に陥ってしまったのですが、今は借金の取り立てもなくなって、本当にほっとしています。

債務整理のメリット、デメリット

専門家の方と相談した際には、債務整理には自己破産、任意整理、個人民事再生などいくつかの方法があり、それぞれ一長一短があるとの説明を受けました。
自己破産というのは、借金はすべて免除されるので、一番ありがたい方法ですが、同時に様々な制約が発生します。
たとえば、高価な商品は没収されてしまうとか、様々な資格制限が発生するとかです。

自己破産がベストな選択

それに対して、任意整理や個人民事再生は財産処分や資格制限はありません。
しかし、借金に関しては自己破産のようにすべてが免除されるのではなく、減額されることになるため、月々の返済は残ります。
説明では3年程度を目安に返済していくことになるとのことでした。
自己破産にするべきか、それとも任意整理や個人民事再生にすべきか悩みましたが、結局、専門家の方のアドバイスもあって自己破産を選択することにしました。
その理由は、処分しなければならない財産がほとんどないこと、資格制限も当面は影響がないだろうということがその理由でした。
そして、生活を立て直すという観点から見ても、わたしにはベストな選択だと感じました。

自己破産を教訓に

自己破産を選択して身軽になりましたが、これは誰でも言えませんね。
恥ずかしいことだし、情けないです。
キャッシングというのは、無担保で保証人も必要なくお金を借りることができるので本当に便利なものですが、今回のように失業してしまったように、人生何があるかわかりません。
そう考えると、生活設計そのものをしっかり考え直す必要を感じています。
今回の自己破産を教訓として、しっかり生かしていきたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ