自分の借金に最適な債務整理を

キャッシングサービスなどビジネス上でのお金のやり取りでは、一定期間返済が滞ったり返済の意思が見られない場合は法的措置を取られることもあります。

そうなる前に借りたお金を全て返済することが求められますが、自分の返済能力では完済できないほどの金額にまで膨れ上がった借金だと、とても個人の力だけで解決できるものではありません。
多額の借金を抱えている方は1人で悩まずに弁護士、司法書士事務所へ相談し、自身の借金に最適な債務整理の手続きに取り組むことをオススメします。
債務整理は任意整理、個人再生、特定調停、自己破産の4つの方法に分類できますが、借金の減額割合を多くすればするほど信用情報機関に登録される、官報に記載される、高額な財産が処分されるといったデメリットも大きくなります。

4つの方法の中でも最終手段と言われる自己破産では必要最低限の家財道具を除き家や車、土地などの財産は全て差し押さえ、5年間~10年間程度はクレジットカードの作成不可と重い制限がのしかかります。
さらに自己破産はギャンブルや浪費による申告の場合免責が下りない場合もあり、免責決定を受けなければ支払い義務は残ったままです。

これらだけ見ると自己破産にはデメリットしか無い印象を持ちますが、きちんと免責決定を受けることが出来れば全ての借金が免除され苦しかった返済の日々、取り立てから解放される、心機一転再出発を図れるなど、第2の人生を歩むためのメリットもあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ