債務整理をするなら専門家に相談を

借金が整理できる債務整理

借金を返済するのは当然のことです。
ですが、多すぎる借金に悩まされ、このままでは返済の目途が立たない時の最後の手段が債務整理です。
借金で悩んでいる方にとって、最終手段ともいうべきもので、日本国民であれば誰でも申請することができます。
債務整理ができることで、借金に悩んでいる方でも再スタートを切ることができるのです。
ですが、ある程度の知識がなければ、首尾よく認められるとは限りません。

債務整理の方法

債務整理の方法には、任意整理、個人再生、自己破産などがあります。
これまで返済した債務に対しても、過払いがあれば過払い金請求をすることができます。
長期間に亘り返済を続けているのであれば、過払い金請求をすることで、債務を大幅に減らすことが可能かもしれません。
過払い金があるかどうかは、簡単な手続きで調べることができます。
真面目に借金を返済するのは良いことですが、生活を壊してまで借金の返済をすることが本当に良いことでしょうか。
どうしても借金返済ができない時は、専門家に相談をして債務を減らす工夫をしてみましょう。

相談をするのならどちら

債務整理の相談をする場合、悩むのが司法書士と弁護士のどちらに相談すれば良いのかということです。
どちらでも債務問題の相談を受け付けていますが、相談を受ける条件はまったく同じではありません。
借金の総額が140万円以下なら司法書士でもかまいませんが、140万円を超える場合は弁護士にしか交渉権がありません。
140万円とは総債権額のことです。
つまり、借金の総額が140万円以上になりそうなら、弁護士に相談をしたほうが良いのです。

まずは無料相談を

法律の知識がない素人では、どう判断すれば良いのかわからない点もあるでしょう。
今は、無料法律相談を行っている弁護士も増えていますし、自治体でも相談会を行っています。
まずは、そのような無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。
わざわざ出向く暇がないという場合には、いつでも気軽に相談できるメール相談などもあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ