債務整理とその後の7年位

借金の返済が出来なくなった時の解決策として債務整理があります。
借金の減額となる任意整理や、免除してもらえる自己破産などが有名です。
基本的には自分で全ての手続きをする人は少なく、弁護士などに相談する人が多くいます。
債務者にとって、借金の減額・免除と言うのはとてもありがたい事です。
これによってもう借金問題に悩まされてどうしようもない状態から脱出する事が出来るからです。
しかし債務整理を行う事は正常に借金を返済できなかったという事になります。
従ってこの情報は全てブラックリストに登録されてしまいます。
ブラックリストに登録されるデメリットは、新規の借金が出来なくなる事と、クレジットカードの申し込みが出来なくなると言う事です。
しかし、自分の全財産を没収される訳ではなく、通常の生活は送る事ができます。
充分人生のやり直しができるといっても良いでしょう。
ただ家を建てたり子どもが大学に通ったりする時にローンの申し込みが出来ないのはとても不便な時もあります。
しかし、申し込みが出来ない期間は一生続くわけではありません。
選んだ方法によって期間は違ってきますが、大体5年から10年程度でその期間は終了します。
ブラックリストから情報が削除されれば、再びローンの利用などはできます。
ただ、何度も債務整理ができるかと言ったらそうではありません。
回を重ねるごとに利用出来る条件が厳しくなって行きます。
安易に何度も利用しない為にも、お金の使い方には慎重になる事がとても重要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ