借金による自転車操業から逃れる方法

債務つまり、借金はある一定量を超えると金利を払うだけでいっぱいいっぱいになり、そのために借金を繰り返すという本末転倒な状態になることがあります。
そういった状態から抜け出すためにあるのが借金の整理、つまり債務整理です。
その整理方法は大きく分けて4つあります。
まずは個人で整理するのか裁判所を利用するのか、程度はどれくらいかでわかれます。
自己破産、個人再生、特定再生、任意整理のことです。
このうち任意整理以外は裁判所を通して行います。
任意整理は貸し主との交渉、つまり直接の話し合いで折り合うことです。
自己破産するほどでもない規模ならそれ以外の方法を、また任意整理は貸し主との直接交渉となりますので、比較的少額の場合に多く利用されます。
ただし、直接交渉と言っても弁護士さんに間に入ってもらうのが一般的です。
自己破産の場合には財産は全て失います。
個人の場合は支払い能力があるかどうかだけが破産原因とされているからです。
また財産がなくても資金を調達できるだけの信用能力や労力がある場合にも弁済能力の欠乏とは認められません。
個人再生とは平成13年の4月1日から思考された改正民事再生法を利用した方法です。
これによって自己破産しなくても借金を整理する事ができるようになりました。
個人再生はその対象などによってさらに、小規模個人再生、給与所得者等再生、住宅資金貸付債権などにわかれています。
特定調停は簡易裁判所の調停委員会が利息制限法所定の上限金利によって債務額を算出して、原則三年間でどうやって分割返済するのかという裁定をしてもらう制度です。
これによって取り立てが止むなどの恩恵を受けることが出来ます。
また自己破産と違い破産者とはなりません。
このように債務整理には色々な方法がありますが、まず専門家に相談することが共通した手続きの第一歩です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ