債務整理とはどんな手続きか

債務整理は借金が返せなくなってしまった時の法的手続き

銀行や消費者金融から借りたお金は利息と一緒に返済していかなければなりません。
しかし、お金を借りた人の中には何らかの理由により返済したくても返済できなくなってしまう人も見られます。
借金の返済ができなくなってしまった時の対処法の1つが債務整理と呼ばれる手続きです。
この手続きが上手く行けば借金問題から解放されますので、万が一の時に備えて検討しておくべきでしょう。

当事者同士の交渉による任意整理

債務整理にはいくつかの種類がありますが、主に行われる手続きとしては任意整理・個人再生・自己破産の3つです。
この中で任意整理は少し性質の異なる手続きで、他の2つと違って裁判所を通さずに、債権者と債務者が直接借金減額の交渉を行います。
ただし、債務者に法律的な知識がない場合には債務者の代理として弁護士や司法書士が交渉に当たるのが一般的です。
この手続きによって減額できる借金の額は当事者同士の合意で決定されるため、大幅に減額できることもあれば、少ししか減額できないこともあります。
減額の大小は交渉に当たる弁護士や司法書士の腕次第ということになるので、できるだけ評判の良い専門家に依頼することが大切です。

住宅を処分したくない人には個人再生

個人再生は比較的借金の額が大きい債務者に適した手続きです。
裁判所が認めれば3000万円までの借金が300万円程度、5000万円までの借金が500万円程度まで減額できます。
また、個人再生の最大の特徴は住宅ローンが債務整理の対象にならないという点です。
これによって債務者は減額後の借金と住宅ローンを返済することでマイホームを手放すことなく借金問題から解放されることになります。

新しい生活をスタートすることができる自己破産

借金の額が大きすぎて返済の見込みがない場合に取られる手続きが自己破産です。
裁判で自己破産が認められれば借金はすべて帳消しになり、新しい生活をスタートすることができます。
ただし、引き換えに自分の所有している財産はすべて処分されることになります。
住宅ローンの残っているマイホームも処分されてしまうので、どうしても自宅を残したい場合には個人再生が選べるか法律の専門家に相談しましょう。
このように自己破産は財産を失ってしまいますが、それ以外の権利や資格などを失うことはありません。
たとえば戸籍に自己破産をした情報が記載されたりすることはありませんし、選挙権がなくなるといったこともありません。
この点は勘違いしないようにしましょう。

専門家に相談してみることが大事

借金を重ねてしまっている人は、いつしか、返せなくなってしまう時が来るものです。
そうなってくると、自己破産などの選択しかなくなってしまうこともあります。
このような状態にならないようにするためにも、その手前の段階できちんと債務整理を行うことをお勧めします。
まず、一人でできることではないことから、専門家に相談してみることが大事です。
専門家というのは、法律事務所や税理士事務所などが挙げられます。
インターネットで債務整理に詳しい事務所を検索してみることで、簡単に見つけることができるはずです。
その道のプロとも言える人が担当してくれることになるので、事細かに相談することをお勧めします。
より良い方法をアドバイスしてくれること間違いありません。
できるだけ最悪な状態にならないような方法を考えてくれます。
最近は、複数の会社から借りてしまった借金を一まとめにできるという方法もあります。
この方が、一つだけに最終的には返せばよくなるので、とても楽です。
いくつも借金を抱えているという人こそ、このような一括型についても検討してみることをお勧めします。
法律事務所や税理士事務所などのお金に関して詳しい人は、債務整理をスムーズに行ってくれるため、重宝するはずです。
最終的には自己破産という選択を取ることになったとしても、その手続き方法などもしっかりアドバイスしてくれます。
自分一人で難しい手続きを行わなくていいので、そんな点もお勧めです。